楽に行こう!

のむさんチのライフログ

リスクに備える(その7) - 動画のクラウド保存が見えてきた!

Windows Home Server (WHS v1) のリスク対策をこれまでいろいろやってきた。

リスクに備える(その1) - H340 に 1TB HDD を追加 - 楽に行こう!
リスクに備える(その2) - Aspire easyStore H340 の掃除 - 楽に行こう!
リスクに備える(その3) - オンライン・バックアップ - 楽に行こう!
リスクに備える(その4) - 個別にオンライン・バックアップ - 楽に行こう!
リスクに備える(その5) - CloudBerry & Amazon S3 再試行 - 楽に行こう!


けど、動画に関してはその容量の大きさからクラウドは利用せず DVD へ焼くという方法を採用しとった(リスクに備える(その6) - 動画のバックアップはDVDへ - 楽に行こう!)。

が、2012年9月に Amazon Glacier が開始された。これ、Amazon S3 に比べて GB 単位の単価が10分の1!これはぜひとも CloudBerry for WHS で(しかも V1 でね)対応して欲しいと思うとったんよね〜(リスクに備える(その5) - CloudBerry & Amazon S3 再試行 - 楽に行こう!CloudBerry の Amazon Glacier 対応来た! - 楽に行こう!

この時は予定β版やったけど、つい最近見てみたら正式版が出とるし。しかも WHS v1 版も!(WHS Server Online Backup. CloudBerry Lab) で、早速試してみたぜや。

コストパフォーマンスの良さはさすが!

まずは試しに、これまで保存してなかった「音声」データを Glacier に保存してみた。音声データは全部で6.7GB。これを CloudBerry for WHSAmazon Glacier を選択してアップロード。だいたい一昼夜でアップロード完了。結果がこれ。

見れば一目瞭然。左の Amazon S3 では3GB保存して0.3$なのに対して、Amazon Glacier は6.7GB保存しているにも関わらず0.07$しかかかってない!価格10分の1ってのはやっぱり大きいわ〜。

動画も保存可能か?

じゃあ、動画はどうかというと、

現在の動画の容量は 184GB ほど。これを Amazon Glacier に全て保存すると、現在のレートで月170円ほど。さすがに数十円では収まらんけど S3 に比べたら格段に安い!これは動画もクラウド保存が見えてきた。

Amazon Glacier は、データの取り出しに時間がかかったりと S3 に比べてデメリットもあるけど、大切なデータをバックアップするという目的としてはかなり有望株。もうちょっと検討してみます。