楽に行こう!

のむさんチのライフログ

リスクに備える(その9) - Amazon Glacier の注意点

前回(リスクに備える(その8) - 動画以外はほぼ全て Amazon Glacier へ - 楽に行こう!)一部のファイルと動画を除いてバックアップは Amazon Glacier に保存するようにした。これまで書いてきたように、Amazon Glacier は月々 1GB == 0.01$ とこれまでのクラウド型データ保存スペースとしてはかなり安いのが特徴。これは Amazon S3 の 10分の1。バックアップ用途に特化しとるからこの値段だと思う。

ただ、確かにデータを保存するだけの料金なら安いけど、Amazon Glacier はその安さを実現するためかデータ取り出しで手間がかかるのはもちろんちょいとお金もかかるようになっとるんよね。

Amazon公式サイトよくある質問 - Amazon Glacier (低価格バックアップサービス & クラウドバックアップソリューション )| アマゾン ウェブ サービス(AWS 日本語) でもその辺は書いてあるけどかなりややこしい。自分で読んでみてみもイマイチ。。。

なもんで、この辺を丁寧に解説してくれている次のブログをまずは参照されたい。例をあげて解説してくれているので何とか(^^;分かります。

勘違いしないようにしたい、Amazon Glacierのデメリットあれこれ - Pieces Of Peace
ややこしすぎるAmazon Glacierのデータダウンロード料金まとめ - Pieces Of Peace

自分は、家以外の場所に大切な残しておきたい・データを安全・安価に保存しておきたいというのが目的なので、はっきり言ってローカルでデータが消えたりとかない限り取り出す予定はない。やき問題ないけど、取り出す頻度が高かったり、差分バックアップをしたい、ローカルファイルと Glacier ファイルの紐付けするよいツールがない、などという使い方をする場合は注意が必要という事ですね。

リスクに備える(その1) - H340 に 1TB HDD を追加 - 楽に行こう!
リスクに備える(その2) - Aspire easyStore H340 の掃除 - 楽に行こう!
リスクに備える(その3) - オンライン・バックアップ - 楽に行こう!
リスクに備える(その4) - 個別にオンライン・バックアップ - 楽に行こう!
リスクに備える(その5) - CloudBerry & Amazon S3 再試行 - 楽に行こう!
リスクに備える(その6) - 動画のバックアップはDVDへ - 楽に行こう!
リスクに備える(その7) - 動画のクラウド保存が見えてきた! - 楽に行こう!