楽に行こう!

のむさんチのライフログ

リスクに備える(2018) - Office 365 Solo導入

丁度一年前、それまでの色々な検討と試行をしてきたデジタルデータのバックアップについて、2017年時点の状況をまとめた。
nomusan.hatenablog.jp

あれから1年。2018年現在少し違ってきとるから再度まとめとく。

実は、2017年11月に「Microsoft Office 365 solo」を契約したんよね。それまでは無料のオフィススイートLibreOfficeを使いよったけんど、嫁さんが色々な役員をしたりバスケで書類を作る機会が増えてきて、その度にエクセルやワードの互換性を気にする事になって。。。

やっぱり純正が安心、って事でMicrosoft Officeの購入を検討。当時(今もやけど)、買い切りかサブスクリプションかのどちらかの選択肢があって悩んだけんど、

  • ずっとサポート、修正が受けられる

のを重要視してサブスクリプション型の「Office 365 Solo」に決定。年間約13000円。月にして1300円ほど。
Microsoft Office 製品の購入と比較 | Office

まぁ、ちょっと外食したりするとすぐ消えるような額やし、脆弱性が常に修正されるのを重視すれば、まぁえいかなと。

Office 365 Soloの契約で自動的についてきたのがOneDrive 1TBのクラウド領域。まぁ、OneDriveに保存するデータはまだ40GBで収まっとったけんど、容量が1TBになってさらに余裕が出た。

種類 場所 容量 コンテンツ量
写真 Google フォト 無制限 約90GB
動画 Google フォト 無制限 *1 約380GB
ドキュメント OneDrive 1TB 約7GB
音声データ OneDrive 1TB 約10GB
音楽 OneDrive 1TB 約12GB


前ほど、新しいデバイスやサービスが増えたり、試してないのがまだあったり、という事がないき、バックアップ体制自体は変わりなし。今年もこのまま継続やね。


---------- (この記事) ↓前 ----------

リスクに備える(2017) - 現時点のバックアップの状況 - 楽に行こう!
リスクに備える(その12) - ドキュメント類のバックアップ先は OneDrive に一本化 - 楽に行こう!
リスクに備える(その11) - バックアップに無料クラウドストレージを利用 - 楽に行こう!
リスクに備える(その10) - Amazon Glacier は S3 経由で利用する - 楽に行こう!
リスクに備える(その9) - Amazon Glacier の注意点 - 楽に行こう!
リスクに備える(その7) - 動画のクラウド保存が見えてきた! - 楽に行こう!
リスクに備える(その6) - 動画のバックアップはDVDへ - 楽に行こう!
リスクに備える(その5) - CloudBerry & Amazon S3 再試行 - 楽に行こう!
リスクに備える(その4) - 個別にオンライン・バックアップ - 楽に行こう!
リスクに備える(その3) - オンライン・バックアップ - 楽に行こう!
リスクに備える(その2) - Aspire easyStore H340 の掃除 - 楽に行こう!
リスクに備える(その1) - H340 に 1TB HDD を追加 - 楽に行こう!


ReadyNAS 312 - 電源スケジュールでスリープ(電源オフ) しないんですけど... - 楽に行こう!
ReadyNAS 312 - バックアップ失敗の原因はマッハCopy っぽい - 楽に行こう!
ReadyNAS 312 - スナップショットの注意点 - 楽に行こう!
ReadyNAS 312 - アンチウィルス - 楽に行こう!
ReadyNAS 312 - ログの確認方法 - 楽に行こう!
ReadyNAS 312 - クライアントPCのバックアップ - 楽に行こう!
ReadyNAS 312 - DLNA を使う - 楽に行こう!
ReadyNAS 312 - バックアップの設定と性能 - 楽に行こう!
ReadyNAS 312 - 開封&初期設定 - 楽に行こう!
WHS の次の NAS、ReadyNAS 312 を導入! - 楽に行こう!